認知症の母が覚えている昔のこと

認知症の人は、新しいことはすぐ忘れるけど
昔のことはよく覚えていると言います。

私の母も
今さっきのことすら忘れてしまうのに、

昔のこととなるとしっかり話せたりします。

認知症とは思えない話に
こちらがとまどってしまう時もあります。

調べてみると
失われていく記憶と長く残る記憶

そこには興味深い記憶の仕組みがありました。

今回は
母が覚えている昔の話とともに、
記憶の仕組みについてみていきます。


スポンサーリンク




 

【母が覚えている昔のこと】

認知症の人が覚えている昔のこととは、
その人の人生における大事な部分なのかもしれません。

母が覚えている昔のこと

それは、守り伝えるべき田舎の因習と、
私が子供のころの家族の思い出でした。

テレビである観光地が紹介されていた時、
突然母が「行ってみる?」

さらに、「○○にみんなで行ったでしょ」と
昔のように家族で出かけたいという気持ちを言い表します。

「そうね、そのうちね」とりあえずの答え。

場面が変わって話が変わると
もうそのことは忘れています。

こんな家族の思い出もほとんど消えてしまいましたが、
守るべき因習は結構長く残っていました。

お正月のしめ飾りと鏡餅、おせち。

お盆の迎え火と送り火を焚くしきたり。

とくに強く覚えていたのは不祝儀のこと。

町内の○○さんが亡くなったと聞けば、
「香典用意しなくちゃ」と即答。

△△さん、□□さん、と
私の知らない地縁血縁の名前が出てきます。

田舎特有のつながりの深さがあるようです。

認知症の症状が進むにつれてそれらも徐々に消えてきていますが

母にとって大事なそれらのことを思い出した時は
目付きまで変わって、

しっかりしているような振る舞いに驚かされました。

それでも
昔の記憶が少しでも残っているのを知ると

「まだ大丈夫」と妙な安心感を覚えるのでした。

 

ところで

新しいことから古い昔のことへと、
順々に記憶は消えていくのですが、

その記憶の仕組みにも驚かされますので
下記からごらんください。


スポンサーリンク




 

【海馬の重要な働き 記憶の不思議】

人の記憶は大きく分けて2種類あると言われています。
“短期記憶”“長期記憶”です。

厳密に言えば
もうひとつ“感覚記憶”というものがあります。

感覚器官から受け取った情報をとりあえず記憶して、
重要でないものは4秒ほどで消えてしまい、

重要な情報とされたものは、短期記憶に組み込まれます。

さらに重要な情報は短期記憶から長期記憶へ送られます

このとき重要な働きをするのが“海馬”という場所。

新しい記憶は、まず最初に海馬に収納されます。
海馬の中で記憶は整理整頓され、

忘れ去ってしまうものと、
とどめておくものに分けられ、

重要なものが次第に大脳皮質に送られ
長く記憶されることになるのです。

これが海馬と大脳皮質

kaiba

認知症になって傷ついた海馬は、

短期記憶を収納することが難しくなり、
当然長期記憶を作ることもできなくなります。

認知症になる以前の長期記憶は残っていますので

新しいことは覚えられないけど昔のことは覚えている
という状況になるわけです。

また海馬は、
収納された短期記憶の中から長期記憶を作りますが、

脳の別の部分にある記憶から、
必要なときに必要な情報を瞬間的に引き出し、

状況に応じて分析するという役割も持っています。

たとえば急な車の飛び出しや落下物など、
突然の危険な状況にとっさに身をかわそうとする反応は、

海馬が正常に働いている証拠です。

海馬が損傷を受けるとこういった反応ができなくなります。

高齢者が交通事故を起こす理由のひとつですね。

 

ところで、長期記憶は、

頭で覚える“陳述記憶”と、体で覚える“手続き記憶”
の2種類に分けられます。

試験勉強で漢字や歴史年号を頭で覚えるのは陳述記憶。

泳ぎ方や自転車の乗り方など体で覚えたものは手続き記憶。

手続き記憶は簡単には忘れません。
何年後でもすぐに思い出せますね。

同じ長期記憶なのに、
陳述記憶より手続き記憶の方がしっかり残るのはなぜか?

それは記憶の保管場所が違うからです。

陳述記憶は大脳皮質、手続き記憶は小脳に記憶されます

shounou

小脳は、体のバランスを保つなど運動機能を調整する働きと共に
体で覚えたことを記憶する働きもあります。

認知症になっても小脳自体が損傷を受けていなければ
それ以前と同様に手続き記憶を引き出すことができます。

認知症になって陳述記憶を次々に忘れていっても、

手続き記憶は長く保持している場合が多いのは
このような理由によります。

知れば知るほど不思議な記憶の仕組み。

まだまだわからないことが多いですが、
脳の働きを止めないことが大切ですね。


スポンサーリンク